• ホーム
  • 印刷工業組合:理事長挨拶

平成24年6月

平素は山形県印刷工業組合の諸活動に対しまして格別のご支援、ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、今年当組合では、人材確保推進事業が3年間の継続事業として最終年度となり集大成の年となります。この間、会員各位のご協力により大きな効果を得ることができました。

一つは印刷業界内外とのコミュニケーションをより高めたことです。生活の大変身近なところにある印刷産業ですが、印刷物という形になったものはともかくとして、印刷物を作っていく工程や技術などは業界内部の人以外にはなかなか分かりにくいものです。いろいろな印刷企業が様々な形で情報を提供させていただき、印刷産業をより身近に感じていただけたと思っております。

二つ目には、参加各企業の具体的な業務内容、得意分野、技術などについてホームページ等を通して情報発信することができました。それぞれの会社を理解し、興味を持っていただけるのではないかと思います。これは、印刷業界への人材確保に直結する取り組みだろうと考えております。

我々印刷業界は、それぞれの会社がこれまでの仕事の仕方を見直し、業態変革を成し遂げていかなければならないという大きな課題に直面しています。そのためには優秀な人材をより多く確保し、業界全体の活性化を図っていかなければなりません。3年目になります人材確保推進事業、引き続き積極的に取り組んでまいります。引き続き、業界の理解を深める分かり易いホームページづくりと、多くの情報を発信していきますので、印刷関連業界に対しまして特段のご理解を賜りますようお願い申し上げます。

山形県印刷工業組合
理事長
坂部 登

ページトップへ